トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 歯周病治療

歯周病は、早期発見とメンテナンスが大切

「歯ぐきが腫れて血が出る」
「歯がグラグラして不快感がある」

このような症状をお持ちの方は、一度検査にご来院ください。厚生労働省の調査によると、日本人の成人の実に8割が歯周病にかかっているといわれています。また、歯を失う原因として、最も多いのが歯周病といわれており、虫歯よりも確率が高いのです。
歯周病治療
【歯周病とは?】自覚症状が現れたときでは、かなり進行している可能性が!?歯周病
歯周病は、歯をささえる骨や歯肉の病気です。建物が土台が悪いとぐらついて倒れてしまうのと同じように、歯周病になって歯周組織が侵されると、歯の土台である歯槽骨や歯根膜が溶かされて、歯を支えられなくなり歯が抜け落ちてしまうのです。

また、最初はこれといった症状はほとんどなく、静かに進行していく病気です。そのため、症状が出たときにはかなり進行している可能性があります。


歯周病の原因は?プラーク
歯周病の初期段階では、お口の中の歯垢や汚れが石灰化して歯石に変化し、歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」と呼ばれる深い溝ができます。この段階では自覚症状があまりありません。

ところが、この歯周ポケットに細菌が繁殖すると炎症を起こします。さらに歯周ポケットが広がり、歯がぐらつき、いずれは抜けてしまいます。


歯周病を防ぐために、現状より進行させないためには?
歯周病の予防には、定期的なメンテナンスを受けましょう。健康な歯を少しでも長く保ち続けるために、3か月に一度メンテナンスをするとよいでしょう。


 

【当院の特徴】虫歯の治療よりも、まずは歯周病を改善させることが先決

歯周病を改善「虫歯があるから、それを先に治してほしい」と思っても、歯周病がある場合はまずそれを改善してから治療を進めた方がよいでしょう。もちろん応急処置は行いますが、歯ぐきが腫れた状態で虫歯の治療をしても、正確な型どりができない場合があります。

歯周病が悪化すると、細菌が口から血管を通して全身に入ってしまい、心臓血管疾患や糖尿病・肺炎などを引き起こすともいわれています。「歯の病気だから」と軽く考えず、きちんと治療しましょう。

多目的超高波スプラソン多目的超高波スプラソン
歯周病のメンテナンスや予防のために、「スプラソン」と呼ばれる機器を使用します。この機器を使うことにより、超音波で歯石を剥がしたり、歯周ポケットの中にあるバイオフィルム(歯垢)を取り除くことが可能です。


 

歯周病の進行具合と治療方法

軽度の歯周病軽度の歯周病
歯と歯ぐきの間にプラーク(歯垢)がたまって細菌が繁殖し、歯ぐきに炎症が起きています。歯ぐきが腫れたり、出血することもあります。

●正しい歯磨き法を身につけるために、ブラッシング指導を受ける。
●歯科衛生士によるクリーニングを1~2回行う。

中等度の歯周病中等度の歯周病
出血があり、口臭もひどく、歯に付いた歯石が目立ちます。骨が徐々に後退するため、歯周ポケットが徐々に深くなり、歯がぐらつくこともあります。

●歯周ポケットの奥にある歯石を取り除きます。
●痛みがあるときは、麻酔が必要な場合もあります。
●歯周ポケットが4㎜以上の深さになると、歯周外科に通う可能性もあります。

重度の歯周病重度の歯周病
歯ぐきが真っ赤に腫れ、化膿しています。骨も破壊され後退して、歯が大きくぐらつきます。

●症状が重い場合は歯周外科を受診します。
●それでも改善されない場合は、抜歯となります。


 

定期的なメンテナンスから重度の歯周病まで、幅広く対応

歯周病歯周病の治療にはスケーリング(歯の汚れや歯石の除去)から歯肉切除、歯周ポケット掻爬(そうは)術、フラップ法などの重度の手術まで、さまざまな方法があります。

当院では定期的なケアから重度の治療まで、幅広く対応しています。


定期的にお口の中の環境を整える【スケーリング】スケーリング歯に付いた汚れや歯石を取り除くのが「スケーリング」です。スケーリングを行うことによりプラーク(歯垢)が付きにくくなり、歯周病が改善へと向かいます。

歯石は一度取り除いても、また付いてしまうことがあります。また、歯石の表面はザラザラとしていて、プラークを付着させやすいため、定期的なスケーリングが必要です。


簡単で短時間に終わる【歯肉の切除】
歯肉の腫れがひどく、ほおっておくと歯周病が悪化する可能性があるときは、歯肉の切除を行います。不要となった歯肉を切って縫い合わせる簡単な手術で、短時間に行えます。


歯周ポケットの溝を浅くする【歯周ポケット掻爬(そうは)術】
歯周ポケットの深さが3~5㎜ほどの場合は、歯周ポケットの溝に入り込んだ歯垢や歯石を手術によって取り除く場合があります。これによって歯周ポケットの溝は浅くなり、プラークが溜まりにくくなります。


溝の奥深くに入ってしまったプラークを除去する【フラップ法】
歯根にプラークや歯石が付着してしまった場合には、歯肉を切開して歯槽骨から剥離させた上で、プラークや歯石を取り除きます。その後、歯槽骨の清掃をしたり、ダメージを受けた歯肉組織を取り除いて、歯肉を健康な状態に戻します。


 

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリング
外観
〒272-0137
千葉県市川市福栄3-18-22
電車
東京メトロ東西線南行徳駅より 徒歩10分
バス
JR京葉線新浦安駅・総武線本八幡駅間
「京成トランジットバス・浦安03系統」
福栄3丁目バス停下車 徒歩3分
午前 9:30~13:00 × ×
午後 14:30~18:00 × ×
  • △ 土曜17:00まで
  • ※ 休診日:木・日・祝

トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 歯周病治療


コールバック予約


TOPへ