トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 小児歯科

泣かない、痛くない。通うのが楽しみになる小児歯科

「歯医者に行くと言っただけで泣き出してしまう」
「何とか連れて行っても、治療中に言うことを聞いてくれない」

子どもさんの歯の治療に関して、こんなお悩みをかかえているお母さまもいらっしゃるのではないでしょうか?
小児歯科
お子さんの様子を見ながら、少しずつ治療を進めていきます
お子さんが恐怖のために泣いたり、おびえたりしないよう、細かく配慮しながら治療を進めていきます。少しでも不安があれば、それが解消されるまで根気よく待ちます。医院に何度か通いながら「ここは怖い所ではなく、楽しい所」という認識をお子さんに持っていただきます。


 

お子さんと接する際、こんなことを心がけています

お子さんと接する際院長やスタッフが笑顔で優しく対応しますので、どうぞご安心ください。お子さんが「いやだ」とお思いの間は、けっして無理強いはいたしません。お子さんが気持ちに抵抗なく歯科医院に通えるようになることが、とても大切だからです。

少しずつお子さんのペースに合わせて
お子さんが泣いてしまうのは、器械の音にびっくりしたり知らないことへの恐怖感からくる場合が多いです。こうしたことは、お子さんにきちんと説明することで、防ぐことができます。

お子さんの気持ちが落ち着いて、もう大丈夫という状態になったとき、お子さんのペースに合わせて治療をして行きます。


 

当院のお子さまの小児歯科メニュー

歯磨きの仕方を身につける【ブラッシング指導】ブラッシング指導
当院では、お子さんがこれから長い年月健康で美しい歯を保つことができるように、歯磨きの方法や磨き残した部分のチェック方法などを指導します。

健康で美しく、丈夫な歯を作るために、プロのブラッシング指導を受けることはとても大切です。歯ブラシをどうやって持ち、どこからどのように磨いていくか、どうやれば磨き残しがないかなど、ひとつ一つ丁寧にフォローいたします。


歯の質を強くする【フッ素の塗布】フッ素の塗布
歯の質を強くし、虫歯になりにくくするために、フッ素の塗布を行います。フッ素は虫歯の進行を抑え、歯の再石灰化を促します。

●フッ素の虫歯予防効果は、時間がたつと効果が薄れる
●定期的(3~4か月に一度)にケアする必要がある


お子さんの虫歯を防ぐ【奥歯の溝への処置】小児歯科
奥歯の汚れの溜まりやすい溝の部分を埋めて、虫歯を防ぐ方法です。特にお子さんの乳歯は柔らかく、溝も深いため、虫歯になる確率も高いのです。

●奥歯の溝にコンポジットレジンを埋める
●奥歯の汚れを未然に防ぎ、細菌感染から守る

コンポジットレジン
奥歯の溝に詰めるときはペースト状ですが、埋めると歯と同じような硬さに固まります。歯の表面をコーティングする際などにも使われる素材です。


 

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリング
外観
〒272-0137
千葉県市川市福栄3-18-22
電車
東京メトロ東西線南行徳駅より 徒歩10分
バス
JR京葉線新浦安駅・総武線本八幡駅間
「京成トランジットバス・浦安03系統」
福栄3丁目バス停下車 徒歩3分
午前 9:30~13:00 × ×
午後 14:30~18:00 × ×
  • △ 土曜17:00まで
  • ※ 休診日:木・日・祝

トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 小児歯科


コールバック予約


TOPへ