トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 一般歯科(虫歯治療)

痛みを最小限に抑え、できるだけ歯を削らない

当院ではできるだけ歯を削らず、神経を残し、歯を抜かない治療を実践しています。
痛みを最小限に抑え、できるだけ歯を削らない
治療の方法は決してひとつではなく、たくさんの選択肢があります。当院では、いくつかの治療法をご提案し、患者さんご自身に選んでいただきます。治療法がお仕事やご家庭の事情なども考慮しながら、無理のないペースで治療を進めて行きます。

電動麻酔を使い、麻酔注射の痛みを軽減電動麻酔
当院が特に大切にしていることのひとつが、痛みの少ない治療です。「麻酔の注射が苦手」という患者さんも数多くいらっしゃいますが、当院には、電動麻酔注射器があり、いつ麻酔したのかわからないほど少ない痛みで麻酔注射ができ、麻酔に対する恐怖やストレスを感じることなく治療ができます。

また、麻酔液を温めることで、痛みをさらに少なくすることも可能です。さまざまな細かい配慮をしながら、患者さんが少しでも痛みを軽減できるよう、努めています。

できるだけ歯を削らないための虫歯診断器『ダイアグノデント』ダイアグノデント
「できる限り歯を削りたくない」という患者さんのご要望にお応えし、当院ではレーザーによる虫歯診断器「ダイアグノデント」を設置しています。虫歯になってしまった歯から発せられるレーザーの光を機械が読み取り、虫歯の進行状態を数字で表記します。

これによって虫歯の早期発見や予防管理、より適切な虫歯診断ができ、無駄に歯を削ることなく治療が可能です。歯の削りすぎは、歯の寿命を短くする原因にもなりますし、歯を長く健康に保つためにもなるべく避けたいと思います。


 

十分なカウンセリングをし、ご納得いただいた上で治療をスタート

歯科治療でこういった経験はありませんか?ご納得いただいた上で治療をスタート
歯科医師と患者さんのコミュニケーションがうまく取れていないまま治療を進めてしまうと「歯科医院に行くたびに歯を削られ、いつの間にか歯全体を覆う詰め物をしていた」というような誤解が生じてしまう可能性があります。

歯科医師と患者さんの間にそういった溝が生まれないよう、当院ではかならず患者さんと十分にお話しする機会を持ち、「いったいどういう症状なのか」「そのために何をしたらいいか」をじっくりとご説明する方法を取っています。

お口の中の状態を一緒に確認しながらお話ししますご納得いただいた上で治療をスタート
お口の中の写真を実際にお見せし、ご自身の歯の状態を確認しながら説明を進めます。患者さんがご自身の歯に少しでも関心を持っていただき、日ごろのケアにつなげていきたいと思います。

患者さんに十分にご納得いただいた上で治療を進め、信頼関係を築くことを大切にしています。ご不明な点やご要望があれば何でもおっしゃってください。


 

歯を抜かなければならない場合はどんなとき?

虫歯治療当院は、できるだけ歯を抜かない治療を心掛けております。しかし、虫歯や歯周病の進行によって、どうしても歯を抜かなければならない場合もあります。

ご納得いただいた上で抜歯を行います
もしそこで「やっぱりどうしても抜きたくない」と思われたときは、遠慮なくおっしゃってください。心の準備も必要ですし、緊急性を伴わない場合は、1~2年かけてゆっくりと結論を出されることも可能です。

当院では、破折や虫歯など進行性のもの以外であれば、歯を残すことのメリット・デメリットをお話しした上で、抜くかどうかは患者さんご自身に選んでいただきます。


 

さまざまな症状から、虫歯の進行をチェックします

痛みはなく、歯の表面に小さな穴があいている虫歯の進行
<症状>
歯の表面を覆っているエナメル質が虫歯菌によって溶かされています。歯に小さな穴があいていますが、まだ象牙質に達していないため痛みはありません。

<治療>
削らなければならない部分にフッ素、リカルデント、POs-Ca(ポスカ)などを用いて、再石灰化を促進します。


冷たい物・甘い物を食べたときにしみる虫歯の進行
<症状>
虫歯が象牙質に達しているため、冷たい物や甘い物がしみて、歯にさわると痛みを感じます。

<治療>
虫歯の範囲が小さい場合は保険適用の白い詰め物をし、虫歯の範囲が広い場合は麻酔をかけて削り、詰め物を製作して装着します。


激しい痛みを感じる虫歯の進行
<症状>
虫歯菌がエナメル質と象牙質を溶かし、神経まで達してしまいました。激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死してしまった場合は膿が出たり、歯ぐきが腫れたりします。

<治療法>
根管治療が必要です。麻酔をして壊死した神経や膿を取り除き、被せ物を装着します。症状によっては歯を抜かなければならない場合もあります。


 

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリング
外観
〒272-0137
千葉県市川市福栄3-18-22
電車
東京メトロ東西線南行徳駅より 徒歩10分
バス
JR京葉線新浦安駅・総武線本八幡駅間
「京成トランジットバス・浦安03系統」
福栄3丁目バス停下車 徒歩3分
午前 9:30~13:00 × ×
午後 14:30~18:00 × ×
  • △ 土曜17:00まで
  • ※ 休診日:木・日・祝

トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 一般歯科(虫歯治療)


コールバック予約


TOPへ