トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 患者さんとは、できる限りたくさんのコミュニケーションを

患者さんとは、できる限りたくさんのコミュニケーションを

できる限りたくさんのコミュニケーションを当院に通院してくださる患者さんとは、できる限り多くの会話をし、コミュニケーションを取りながら治療を進めています。

患者さんの気持ちを何より大切に
「いま困っている歯以外のことを言われたくない」「考えていなかった治療をすすめられると、不信感を感じる」など、患者さんにもいろいろな意見の方がいらっしゃいます。

そんな患者さんのお気持ちを察しながら「今なら聞いてくださるかも」というタイミングを図りつつ、お話をさせていただいています。私も含め、人というのは"自分が決めたこと"でしか動けないものです。でも「あの治療をしたら良くなった」「予防はやっぱり大切かも知れない」という実感を積み重ねることで、少しずつ歯科に対する意識を変えていってくださればと思っています。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 患者さんとは、できる限りたくさんのコミュニケーションを


コールバック予約


TOPへ