トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 審美歯科 » 人工歯(詰め物や被せ物)の種類

人工歯(詰め物や被せ物)の種類

当院では健康保険の適用のあるなしを問わず、さまざまな種類の被せ物を取り扱っています。患者さんのお好みやご予算をうかがいながら、もっとも相応しいと思われる素材をおすすめしています。

最も見た目が美しい【オールセラミック】オールセラミック
セラミックという陶器を焼き固めた素材を用いた人工歯。審美性に優れ、アレルギーも起こしにくく、特に前歯の素材として適しています。金属をまったく使わないため、金属アレルギーの心配もありません。ただし、強い力によって破損する可能性もあるので、歯ぎしりのある方・強く噛んでしまう習慣のある方は、医師に相談した方が良いでしょう。

●最も審美性に優れている。
●金属アレルギーの心配が少ない。
●前歯の治療に最適。

透明感のある白くて美しい歯【ハイブリットセラミックス】ハイブリットセラミックス
セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた素材を用いた人工歯。オールセラミックよりもやわらかく、他の歯にダメージを与えにくいのですが、経年で変色する可能性があります。

●金属アレルギーの心配が少ない。
●前歯の治療に最適。
●強い力で欠ける場合がある。

ジルコニアジルコニア
人工のダイヤモンド素材の上をセラミックで覆い、焼き付けた人工歯。自然な白さと強度があり、特に奥歯の素材として適しています。

金合金金合金
自然の歯に近い硬さがあり、噛んだときも他の歯に優しい感触の人工歯。奥歯の素材として適しています。部分的に金が見えるため、気にされる方もいます。

銀歯銀歯
保険が適用できるリーズナブルな素材の人工歯。奥歯などに適していますが、金属アレルギーを起こしやすいというデメリットがあります。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 審美歯科 » 人工歯(詰め物や被せ物)の種類


コールバック予約


TOPへ