トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 入れ歯 » 入れ歯の種類

入れ歯の種類

金具を使わないので見た目が目立たない【ノンクラスプデンチャー】ノンクラスプデンチャー
装着感が良く、しっかりと噛むことができます。両端の歯に負担もかけず、インプラントほどの費用や期間がかからないため、手軽に装着可能です。

●見た目が目立たない
●柔らかい素材で違和感もあまりない
●壊れた場合は最初から作り直す必要がある

バルプラストバルプラスト
「部分入れ歯は金属のバネがあるからやりたくない」と思う方も多いのではないでしょうか。バルプラストは、金属のバネを使わない部分床義歯です。金属のバネがないので入れ歯だということがわかりにくく、半透明の素材で境い目も目立ちません。弾力があって折れにくく、他の歯を傷めることもありません。


上あごに着ける床の部分が金属でできている【金属床】金属床
耐久性が高く、床が薄いので違和感も少なくてすみます。食事がしやすく、発音にもあまり支障をきたさないので、快適に装着することができます。また、熱が伝わりやすいことで、食べ物の温かさや冷たさを感じることもできます。

●優れた安定性・耐久性・装着感
●壊れた場合は修理が難しい


磁力の力で固定させる【マグネットデンチャー】マグネットデンチャー
残っている歯と入れ歯に磁石を埋めて、磁力の力で固定させる入れ歯です。安定感があり、他の歯を傷めることもなく、施術も簡単です。ただし、磁力による問題が生じる可能性もあるので、注意が必要です。

●歯の根に金属を入れ、入れ歯に磁石を装着する
●残っている歯への負担が軽い
●施術と修理が簡単にできる


金属の金具を使って歯に固定させる【クラスプデンチャー】クラスプデンチャー
保険にも自費にも対応しています。初めて入れ歯を体験する方には最適です


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 入れ歯 » 入れ歯の種類


コールバック予約


TOPへ