トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 歯周病治療 » 歯周病は、早期発見とメンテナンスが大切

歯周病は、早期発見とメンテナンスが大切

「歯ぐきが腫れて血が出る」
「歯がグラグラして不快感がある」

このような症状をお持ちの方は、一度検査にご来院ください。厚生労働省の調査によると、日本人の成人の実に8割が歯周病にかかっているといわれています。また、歯を失う原因として、最も多いのが歯周病といわれており、虫歯よりも確率が高いのです。
歯周病治療
【歯周病とは?】自覚症状が現れたときでは、かなり進行している可能性が!?歯周病
歯周病は、歯をささえる骨や歯肉の病気です。建物が土台が悪いとぐらついて倒れてしまうのと同じように、歯周病になって歯周組織が侵されると、歯の土台である歯槽骨や歯根膜が溶かされて、歯を支えられなくなり歯が抜け落ちてしまうのです。

また、最初はこれといった症状はほとんどなく、静かに進行していく病気です。そのため、症状が出たときにはかなり進行している可能性があります。


歯周病の原因は?プラーク
歯周病の初期段階では、お口の中の歯垢や汚れが石灰化して歯石に変化し、歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」と呼ばれる深い溝ができます。この段階では自覚症状があまりありません。

ところが、この歯周ポケットに細菌が繁殖すると炎症を起こします。さらに歯周ポケットが広がり、歯がぐらつき、いずれは抜けてしまいます。


歯周病を防ぐために、現状より進行させないためには?
歯周病の予防には、定期的なメンテナンスを受けましょう。健康な歯を少しでも長く保ち続けるために、3か月に一度メンテナンスをするとよいでしょう。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 歯周病治療 » 歯周病は、早期発見とメンテナンスが大切


コールバック予約


TOPへ