トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 歯周病治療 » 定期的なメンテナンスから重度の歯周病まで、幅広く対応

定期的なメンテナンスから重度の歯周病まで、幅広く対応

歯周病歯周病の治療にはスケーリング(歯の汚れや歯石の除去)から歯肉切除、歯周ポケット掻爬(そうは)術、フラップ法などの重度の手術まで、さまざまな方法があります。

当院では定期的なケアから重度の治療まで、幅広く対応しています。


定期的にお口の中の環境を整える【スケーリング】スケーリング歯に付いた汚れや歯石を取り除くのが「スケーリング」です。スケーリングを行うことによりプラーク(歯垢)が付きにくくなり、歯周病が改善へと向かいます。

歯石は一度取り除いても、また付いてしまうことがあります。また、歯石の表面はザラザラとしていて、プラークを付着させやすいため、定期的なスケーリングが必要です。


簡単で短時間に終わる【歯肉の切除】
歯肉の腫れがひどく、ほおっておくと歯周病が悪化する可能性があるときは、歯肉の切除を行います。不要となった歯肉を切って縫い合わせる簡単な手術で、短時間に行えます。


歯周ポケットの溝を浅くする【歯周ポケット掻爬(そうは)術】
歯周ポケットの深さが3~5㎜ほどの場合は、歯周ポケットの溝に入り込んだ歯垢や歯石を手術によって取り除く場合があります。これによって歯周ポケットの溝は浅くなり、プラークが溜まりにくくなります。


溝の奥深くに入ってしまったプラークを除去する【フラップ法】
歯根にプラークや歯石が付着してしまった場合には、歯肉を切開して歯槽骨から剥離させた上で、プラークや歯石を取り除きます。その後、歯槽骨の清掃をしたり、ダメージを受けた歯肉組織を取り除いて、歯肉を健康な状態に戻します。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 歯周病治療 » 定期的なメンテナンスから重度の歯周病まで、幅広く対応


コールバック予約


TOPへ