トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 予防歯科 » 自分の歯のリスクを知ることが、予防の基本

自分の歯のリスクを知ることが、予防の基本

虫歯や歯周病のなりやすさは、人によって違いがあります。これをチェックするのが「唾液検査」や「ミュータンス検査」です。これらの検査によってご自分の歯がどれだけ病気になりやすいかというリスクを知ることができます。虫歯や歯周病のリスクを回避するお口のケアや生活習慣の改善のしかたを知ることが、予防にとってはとても大切です。

唾液検査唾液検査
唾液検査は、虫歯のなりやすさ(カリエス・リスク)をチェックするための検査です。虫歯の原因は人によって違うため、この検査を行うことで一人ひとりに合った予防方法を見つけることができます。

まずは唾液を取り、その量やpHを調べ、虫歯を進行させる原因となる菌の量をチェックします。検査による痛みはありませんので、ご安心ください。


ミュータンス菌検査ミュータンス菌検査
ミュータンス菌検査では、虫歯の原因となるミュータンス菌がお口の中にどれだけいるかをチェックする検査です。まずはガムを噛み、採取した唾液を検査紙に滴下するという、とても簡単な検査です。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 予防歯科 » 自分の歯のリスクを知ることが、予防の基本


コールバック予約


TOPへ