トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 一般歯科(虫歯治療) » 痛みを最小限に抑え、できるだけ歯を削らない

痛みを最小限に抑え、できるだけ歯を削らない

当院ではできるだけ歯を削らず、神経を残し、歯を抜かない治療を実践しています。
痛みを最小限に抑え、できるだけ歯を削らない
治療の方法は決してひとつではなく、たくさんの選択肢があります。当院では、いくつかの治療法をご提案し、患者さんご自身に選んでいただきます。治療法がお仕事やご家庭の事情なども考慮しながら、無理のないペースで治療を進めて行きます。

電動麻酔を使い、麻酔注射の痛みを軽減電動麻酔
当院が特に大切にしていることのひとつが、痛みの少ない治療です。「麻酔の注射が苦手」という患者さんも数多くいらっしゃいますが、当院には、電動麻酔注射器があり、いつ麻酔したのかわからないほど少ない痛みで麻酔注射ができ、麻酔に対する恐怖やストレスを感じることなく治療ができます。

また、麻酔液を温めることで、痛みをさらに少なくすることも可能です。さまざまな細かい配慮をしながら、患者さんが少しでも痛みを軽減できるよう、努めています。

できるだけ歯を削らないための虫歯診断器『ダイアグノデント』ダイアグノデント
「できる限り歯を削りたくない」という患者さんのご要望にお応えし、当院ではレーザーによる虫歯診断器「ダイアグノデント」を設置しています。虫歯になってしまった歯から発せられるレーザーの光を機械が読み取り、虫歯の進行状態を数字で表記します。

これによって虫歯の早期発見や予防管理、より適切な虫歯診断ができ、無駄に歯を削ることなく治療が可能です。歯の削りすぎは、歯の寿命を短くする原因にもなりますし、歯を長く健康に保つためにもなるべく避けたいと思います。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 一般歯科(虫歯治療) » 痛みを最小限に抑え、できるだけ歯を削らない


コールバック予約


TOPへ