トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 一般歯科(虫歯治療) » さまざまな症状から、虫歯の進行をチェックします

さまざまな症状から、虫歯の進行をチェックします

痛みはなく、歯の表面に小さな穴があいている虫歯の進行
<症状>
歯の表面を覆っているエナメル質が虫歯菌によって溶かされています。歯に小さな穴があいていますが、まだ象牙質に達していないため痛みはありません。

<治療>
削らなければならない部分にフッ素、リカルデント、POs-Ca(ポスカ)などを用いて、再石灰化を促進します。


冷たい物・甘い物を食べたときにしみる虫歯の進行
<症状>
虫歯が象牙質に達しているため、冷たい物や甘い物がしみて、歯にさわると痛みを感じます。

<治療>
虫歯の範囲が小さい場合は保険適用の白い詰め物をし、虫歯の範囲が広い場合は麻酔をかけて削り、詰め物を製作して装着します。


激しい痛みを感じる虫歯の進行
<症状>
虫歯菌がエナメル質と象牙質を溶かし、神経まで達してしまいました。激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死してしまった場合は膿が出たり、歯ぐきが腫れたりします。

<治療法>
根管治療が必要です。麻酔をして壊死した神経や膿を取り除き、被せ物を装着します。症状によっては歯を抜かなければならない場合もあります。


トップへ » 当院がわかる6つのポイント » 一般歯科(虫歯治療) » さまざまな症状から、虫歯の進行をチェックします


コールバック予約


TOPへ